【CD】Slack Key for Surfer(s / KAMOKU TAKAHASHI
5f64ee9f3ae0f4458c69f0d7

【CD】Slack Key for Surfer(s / KAMOKU TAKAHASHI

2,200 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

<カモクタカハシ デビュー・アルバムに寄せて/山内雄喜> 今から、さて?一昔ほど前(10年ほど)になるだろうか。このアルバムの主人公である カモクタカハシとの最初の出会いがである。 私が自宅でスラック・キー・ギターを教えていた時期のこと、彼もある日、スラック・キー・ギターに興味を持ち、 我が家にやってきた。今でも同じだが、ハワイ音楽、取り分けスラック・キー・ギターに興味を持ってくれる人は大歓迎である。 徐々にではあるが、スラック・キー・ギター人口は確実に増えてきているが、カモクが始めた頃は 漸く、日本でもスラック・キー・ギターが浸透しはじめだした時期でもあった。 私のところから離れた後、日本における本格的なハワイアン・AOR・バンドのパイオニアとして 結成された「ププレボーイズ」に参加、プロとして活動をスタートさせた。 同バンドでは2003年にバンドとしてのデビュー・アルバムを、 翌年の2004年にはセカンド・アルバム「RIDE & FLY」もリリース、好評を博した。 惜しまれながらも、バンド解散後は、新たなるバンド「コースト・グルーヴァー」に参加、 2007年には「Merry Christmas in Honolulu」をリリースした。 そして、今年は待望の若手女性スラック・キー奏者であり、カモクの愛弟子でもあるMAYUKOをCDデビューさせている。 勿論、カモクもギターでサポートをしている。 そんな彼がついに、自信のスラック・キー・ギターとオリジナル・ソングを中心とした 本格的なソロ・アルバムをリリースすることになった。 ププレ・ボーイズやコースト・グルーヴァーで培ったハワイアン・AORと トラディショナル・スラック・キー・ギターのテイストやフレイヴァーを心地良くブレンドした、 新しいカモク・サウンドをクリエイティヴしたアルバムがこのアルバムです。 勿論、ソロ・アルバムとしては、このアルバムがデヴュー・アルバムとなる。 ステージ・ネームである「カモク」とは、言葉少ない人...「寡黙」から、どうやら付けられたようだが、 どうして、どうして親しくなると、言葉の数も俄然多くなり、楽しいヤツである。 就いでながら、「Ka Moku」は船の意味もある。 ahi は火、Mokuahi 火で動く船、つまり汽船。 leleは飛ぶ、Mokulele飛ぶ船、つまり飛行機と言った言葉もあるが、汽船でも、或は飛行機でも、 どちらでハワイに行っても、カモクのアルバムを旅の友として持って行けば、 さらに気持ちよいハワイを過ごすことができる。 Feel So Good Sound!!   7.15.’08